ニューヨークの美容

こんばんは ビューラックス代表 池ヶ谷です。
ニューヨークの美容の傾向は日本と似ており、5〜7年は先をいっています。
お気づきですか?
そうです。皆、ロングヘアー。
そしてナチュラルウエーブです。
髪切らないんですね💦
平日だったからなのか、uptownにある美容サロンでも席はガラ空きだった。
家賃も高いだろうし、もし私が経営者だったらと考えただけで胃が痛いw

反して、BAR BERはどこも混んでる。
Brooklynなど、若者の集まる場所ではひとつの情報交換の場、コミニティーになっていた。
Fellow Barber ウイリアムバーズ店

全然日本の「床屋」とは違うでしょ。

LUDLOW BLUNT 
最近代官山にも出来たらしい。オーセンティックな感じがよりクラシックBAR BERだ。
ビールを飲みながらカット(^○^)
30分程で70ドルくらい。
今は男性も美容室を利用する時代。
30代男性の4割が美容室に通っていて、20代ではさらに半数以上。
理容室の利用率を逆転している。
しかし新しい提案をするBAR BERの影響で最近は男性の「理容室への回帰」の兆しが日本でも見られる。
だからと言って美容室 美容師がダメだと言っているのではない。

山根 英治氏 
ドライカットの生みの親 
こんなに近くで仕事が見れるとは思いませんでした!カットはなんと!500ドル以上らしい(5〜6万)


SOHO NEW YORK 


ニューヨークで生き残っている繁盛サロンの特徴は

「独自性」

そこでしか得られないサービスや付加価値。
高い単価でも納得して頂ける技術。
圧倒的な他店との差別力だ。

「10分1,000円」ヘアカット専門店
日本ではお馴染み「QBハウス」
Manhattanへの出店から1年で3店舗に増えたらしい。

カット料金はチップ別で20ドル(約2,200円)

これも、独自性と差別化。

近い未来、日本も富裕層しか美容室で髪を切らない時代が来るかもしれない。

その時に備え、今、私達は何を学び、どんな武器で戦うのか。




絶えず勉強しかありません。

HAPPY NEW WORLD

(株)BEAULAX ビューラックス 美容業 代表取締役  池ケ谷 慎一郎が弊社社員に向けて 仕事が楽しくなるかも 新しい事に挑戦したくなるかも な私の考え方を伝えているブログです。 よろしければご覧ください。