成長の記録

こんばんは ビューラックス代表 池ヶ谷です。
先日、会長とサシ飯しました。
本部でお弁当食べながら話しました。
味噌汁とネギは会長が持参してくれました。
会長は意外と女性的です。なんでも用意してくれるので甘えてしまいます。
マメな男性はモテると思う。

「お前達は記録を残しているのか」
と言う話になり隣の部屋に。

元々、本部は男子寮でした。

ビューラックスは寮がある、それが就職の決め手でした。

今は資料部屋になってますが、ここにベッドがあって、過ごしてました。

3畳位かな、狭っw

私は家庭の事情で、親戚の家にいたのでこの3畳が夢の1人部屋で嬉しかったのを覚えています。

それまでは、おばあちゃんと仏間の4畳半でしたw 

騒ぎ過ぎて、追い出されるまでの18歳から23歳くらいまでを過ごし、その後1人暮らしをしてました。

その資料室には私達の記録が全て残っていました。
みんなのもありましたよ。

退出社員ファイル

初めてみました。

この厚み、私が入社する20年以上前から全ての社員の物がありました。

個人ファイルには自分の履歴書から、私の汚い字の報告書や企画書、初めて作ったチラシなどもありました。

記録を残す事は大切な事だとわかってはいたのですが、はっとしました。

大切にされていた、愛されていた


親が、子供の初めて書いた絵を取って置くように、初めて書いた手紙を大切にして置くように、今までの記録を大切に残してくれてありました。 

ひどい辞め方をした社員も平等に全て残っています。

会長にとって記録とは、親が子の成長を思い集めたアルバムの様な物なのかなと思い、温かい気持ちになりました。

「歴史は経験や知識に勝る」


シゲタイズムを継承している気でいたのですが全然ダメです。

記憶は曖昧でも、記録はすぐに過去に戻してくれる。

もっともっと記録を大切にしていこうと思いました。

















HAPPY NEW WORLD

(株)BEAULAX ビューラックス 美容業 代表取締役  池ケ谷 慎一郎が弊社社員に向けて 仕事が楽しくなるかも 新しい事に挑戦したくなるかも な私の考え方を伝えているブログです。 よろしければご覧ください。