レッツ レッスン

こんばんはビューラックス代表 池ヶ谷です
「基礎って何故大事なの」ってお話。

先日のレッスンです。

まだ、ヘアースタイルが何とかという勉強ではなく、コームの使い方、ハサミの使い方、身体の使い方などのレッスンをしています。

手で切ろうとすると目線がズレます。
大変ですが腰を入れ膝の曲げ伸ばしで上下を調整します。

「カットはヒザを使いムネで切る」




身体は曲がっていますが、膝が曲がってません。
身体は先端に行けば行く程、繊細な動きができます。
ですが、同時に再現性はどんどん下がり、精度にムラがでます。

悪い姿勢で一生懸命に練習すると、悪い変な癖がつき、どんどん下手になります。

記憶力の良い「身体の大きな筋肉」を使い、反復練習で染み込ませていくのが良いレッスンです。
この形です!
また肘の角度も大切です。
これは身体の中心(胸)を意識し、背中の左右に伸縮させる(脇の下)ように筋肉を使います。

また、身体の動きはスタイルの再現性向上だけじゃありません
職業病でもある腰痛予防になります。

先端は器用に動く分、デリケートです。
腕だけを使えば腰にきたり、手首を酷使して腱鞘炎になります。
これも美容師はよく聞きますね。

手首を庇い、肘が痛み、肩にあがらなくなり、首にきます。

美容師は慢性片頭痛の方も多いんじゃないですかね。

美容師は正直、身体を酷使する仕事です。
長く使うので、整体とかでメンテナンスをすることはもちろん、「身体を無理に使わない」事も大切です。

器用な人、感性で切る人ほど、身体を故障しやすいようです。
怪我をしないような身体の使い方を教える事も基礎の大切な事です。

痛みがある人は是非、基礎を見直してみてはいかがでしょうか。

ちなみに私もサロンワーク後は左足が痺れてますwさらに頭痛持ちwあるあるです。
疲れた時程、身体で切るを意識しましょう(^^)






HAPPY NEW WORLD

(株)BEAULAX ビューラックス 美容業 代表取締役  池ケ谷 慎一郎が弊社社員に向けて 仕事が楽しくなるかも 新しい事に挑戦したくなるかも な私の考え方を伝えているブログです。 よろしければご覧ください。