摩擦があったほうがいまくいく

こんにちは シンイチロウです。
新入社員のみなさんもだいぶ慣れてきました。
いい意味でも、悪い意味でも、少し余裕が出来る頃ではないでしょうか。
一人一人インタビューしました。
シャンプーなど、お客様に入れるレベルになりましたが、まだまだ、お客様に感動してもらえるレベルには程遠いです。

教えてくれる、先輩のお客様につかせて頂ける事に感謝し、まだまだなんだなという謙虚な気持ちで、次はお客様にもっと良いシャンプーをしようと、自分の技術を向上させて下さい。

また教える方の先輩も、今まで、何十時間と時間を割いて教えてもらってきました。
「傲り(おごり)」は言葉から伝わります。
偉ぶらず、自分が新人の時を思い出して下さい。

お互い、「違うな」と思ったら速、言った方がいいです。

先輩
言わなきゃいけないけど、言いづらい
後輩に嫌われるのが怖い
言われても自分で解決できないし…


後輩
先輩の言い方がキツイ
先輩に見て下さいと言いづらい…
分からない所あっても質問しづらい…

などなど

摩擦を怖がっていたらなにも始まりません。

自分の為だと躊躇するかもしれませんが、お客様の為だと大義名分をもって挑みましょう!
私はいつもそれに背中を押されています。

人は「怒られる事」が苦手です。

それに怒られたという感情が大きく、大事な内容が入ってきません。

「怒られた」ではなく「教えてもらった」


反転させたりして、表現を変えてみると、見方も変わります。 

「怒られた〜」のマイナスより、
「教えてもらった!ラッキ〜」のプラスの方が心も穏やかでいられます。

美容師になるという、ワンステップは達成しました。次はどんな美容師になるかです。

成長が楽しみです。

HAPPY NEW WORLD

(株)BEAULAX ビューラックス 美容業 代表取締役  池ケ谷 慎一郎が弊社社員に向けて 仕事が楽しくなるかも 新しい事に挑戦したくなるかも な私の考え方を伝えているブログです。 よろしければご覧ください。